院長のつぶやき

院長のつぶやき

  • アフターピルという名前を

    聞いたことがありますか?

     

    「モーニングピル」

    「緊急避妊ピル」ということもあります

     

    最近ではインターネットなどで知りました

    という方も増えていますが

    避妊薬の一種です

     

     

    これまでは、避妊に失敗した!

    という場合

    次に来る月経まで

    「妊娠していたらどうしよう・・・」

    不安いっぱいで待っていた女性も

    「アフターピル」を飲むことで

    安心して次の月経まで過ごすことが出来るのです

     

    通常の避妊薬は毎日内服することで

    避妊効果を発揮しますが

    この「アフターピル」はその名の通り、

    性交渉の後に内服することで

    避妊効果を発揮するというものなのです

     

    つまり普段、

    コンドームなどで避妊しているかたが

    たまたま何らかのアクシデントで

    コンドームが外れた場合や

    コンドームなしで性交渉をしてしまったあとに

    性交渉から

    72時間以内に

    1回内服するだけ

    約90%避妊できます

     

    健康保険はききませんので

    当院では初診料も含め

    ¥18,750で処方しています

    副作用はほとんどありません

  • 「人は見た目が100%」

    という衝撃的なタイトルのドラマがありましたが、

    みなさんご覧になられていましたか?

     

    数年以上前になりますが私の恩師であるドクターが

    一卵性の双子において

    「見た目が若いほうが

     健康で長生きする」

    という医学論文を見せてくれたことがありました

     

    最近になって思うのは、若い頃とはちがい、

    病気をすると(風邪であっても)

    「一気に老け込むなぁ」と感じるようになりました。

     

    見た目を良くしようと思うと

    行き着くところはやはり

    「インナービューティー」

    内側からきれいにといった感じでしょうか。

    つまり心も体も健康第一!

     

    小さい頃の可愛さは

    生まれ持ったものによるところが大きいですが

    アラフォー世代になると

    普段どんな暮らし方をしているかが

    外見にあらわれてくるものです

    そういった意味では

    見た目は100%ではないとしても

    大事なのかもしれません

     

    食べ物も運動もそれなりに

    気をつけなければいけませんし

    たばこ、過度な飲酒、

    対処できないほどのストレス

    睡眠不足や不摂生は

    老化を早めますよね

     

    健康に気をつかうかたは、

    健診を積極的に受けようと思われるでしょうし

    不調にも敏感でいられるでしょう

     

    当院はあくまでも産婦人科ですが、

    その範囲の中で

    健康で美しくありたいという気持ちを

    サポートしたいと考えております

     

    月経前後のニキビや肌荒れ、

    月経痛、月経前のイライラなどでお悩みの方、

    更年期の体調不良など

    お気軽にご相談ください

     

    余談になりますが

    まつげの育毛剤を取り扱うか検討中です

    これも見た目の改善のため・・・  

  • 06.212017

    7月の診療

    7月の診療予定です

    受付時間 9:00-12:30、15:00-18:30

    木曜:診療午前のみ。午後15:00-骨盤ケア教室

    土曜:午前のみ 日曜・祝日:休診

  • 7月より毎週木曜午後に開催される骨盤ケア教室ですが、

    よくお問い合わせいただく質問にお答えいたします。

     

    Q1、何歳でも大丈夫ですか?

     ガスケアプローチは基本的には運動療法ですが、

     むしろ「呼吸」と「姿勢」の指導

     メインになってきます

     部活動をしていてインナーマッスルを整えたい

     中高生でも可能ですし、

     ご年配の方が腰痛尿失禁の予防

     もしくは改善のために

     始められる場合もお役に立てると思います

     (本場フランスではシニア世代の方のほうが

      多くお教室に通っておられました

     

    Q2、体が硬くても出来ますか?

     もちろん大丈夫です

     体の柔らかさがないと出来ないような

     運動はありません

     

    Q3、どれくらい通ったら良いですか?

     可能であれば週1回3-4回続けて通われると

     確実に効果が現れます

     また、続けて通われることで早くマスター出来ます

     運動自体は簡単なものですが

     あくまでも運動療法ですので、

     ほかの運動療法と同じで継続しなければ

     効果は現れません

     

    Q4、やせますか?

     ハードな運動ではないので体重が

     メキメキ減るということはありません

     しかし、今後ダイエットをするのであれば

     体を痛めたりしないような

     力の使い方がわかると思います

     全く運動をしていなかった方であれば

     やせるかもしれません

     ただし、マスターするのが早い方で

     ダイエットのための運動方法も

     知りたいという方にはお教えいたします

     また、体重が変わらなくても

     スタイルは確実に変わります

     一番変化がわかりやすいところは

     ウエスト下腹部です

     ウエストがくびれ

     下腹のぽっこりした感じがなくなります

     

    Q5、なぜ妊娠後期と産後3ヶ月ではできないのですか?

     本来であれば妊娠中から開始し

     産後直後にすぐ行うことで

     より効果が発揮できるエクササイズですが、

     当院ではマンツーマンのお教室ではないため

     妊娠後期になると行いにくいポーズもありますので

     少し制限を設けさせていただきました

     また産直後はお教室に通うよりも

     ご自宅でゆっくり過ごしていただきたいと

     思っております

     

     可能であれば、妊娠中から通っていただき

     エクササイズをマスターした状態で

     分娩、出産に望まれるのが最も理想的です

     ガスケアプローチによって妊娠や分娩による

     骨盤の筋肉へのダメージを最小限に減らし

     分娩を効果的にスムーズに

     進行させることが可能です

     特に1人目の出産後に尿失禁があった方は、

     2人目の妊娠中から行うことで

     産後に飛躍的に改善させることが期待できます

  • 妊婦健診で3Dエコーが見たいという

    ご要望を多くいただきますが、

    当院では基本的に見える位置にあれば

    全員に毎回3Dエコーを行っています。

    これに関しては院長の趣味の領域ですので医学的な意味は全くありません

     

    最近では、妊婦健診とは別に3Dエコーのためだけにいらっしゃる妊婦さんもおられます。

    3Dエコーは赤ちゃんの位置が最も重要で

    全員に毎回見えるわけではないので見えないときは

    何にも見えないのですが・・・

     

    また、30週くらいになると赤ちゃんが大きくなり

    見えないことも多くなりますが

    健診の時にばっちりお顔を見せてくれる赤ちゃんもいます

     

    こちらは30週前後の赤ちゃんです

    しかも動いて目をこすったり顔をしかめたりするので

    とってもかわいいです

    本人もしくはパパがスマホで撮影する方もいらっしゃいますよ

  • まだ記憶に新しい方もいらっしゃると思いますが、

    日本では2013 年に風疹が流行して、

    多くの先天性風疹症候群の赤ちゃんが出生しました。

    今後、先天性風疹症候群の出生をゼロにするため、

    日本産婦人科医会は「風疹ゼロプロジェクト」を立ち上げています

     

    妊娠20週ごろまで(特に初期)に風疹にかかると

    赤ちゃんへのリスクが高くなります。

     

    妊娠している間は風疹の予防接種を受けることができません。

    風疹にかかったことがない方や、予防接種を受けていない方は

    妊娠前に予防接種を受けることを検討してくださいね。

     

    ちなみに2013年の流行の原因として、

    10代後半から50代前半の男性が子供の頃に予防接種を

    受けていなかったことが挙げられています。

    男性もぜひ予防接種を受けていただきたいです

     

    小さい時に風疹と麻疹(はしか)は同時に予防接種を受けるのですが

    つい先日、近隣の県で、はしかの発生が確認されています。

    風疹も決して人ごとではないのかもと思いました。

    当院では小児の麻疹風疹ワクチン接種はもちろんですが、

    成人の予防接種も可能です。

    予防接種は事前予約が必要ですが、

    この機会にご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

  • お待たせしました!!

    骨盤ケア教室ですが6月から始めるとお伝えしていたため

    最近お問い合わせをいただくことが多くなってきました。

    (ありがたいことです)

     

    遅くなりましたが7月から骨盤ケア教室を開催いたします。

    骨盤ケア教室って何?

    ガスケアプローチって何?と言う方のために

    クリニックに説明の用紙を置かせていただいています。

    興味のある方は是非ごらん下さい。

     


     骨盤ケア教室 (7月クラスのご案内)

     

    日 時:7月6日、13日、20日、27日

     毎週木曜日 15:00~16:15まで

      7月のエクササイズの内容は毎週変わりますので

      1回ずつでもOKですが連続で通われることをおすすめします

      途中の週からでも始められます

    場 所:こうちウィメンズクリニック

    参加費:1回2,000円(消費税込)

    持ち物:タオル、必要な方は飲み物。

      ・動きやすい服装でご参加下さい。

      ・ヨガマットなどはご用意しております

      ・更衣スペースがあります。

    定 員:3~10名

    (申込者が2名以下の場合は開催されない場合があります)

     キャンセルの場合はクリニックまで事前にご連絡下さい。

     無断キャンセルはご遠慮下さい。

    対 象:どなたでも(ただし妊娠後期~産後3ヶ月までのかたはご遠慮ください)

    申し込み方法:事前にクリニックに来院の上、申し込み用紙をお受け取り下さい。

     お申し込みの際に参加費をお支払い下さい。

     

    *高血圧や喘息など心臓や呼吸器に疾患のある方は、エクササイズの呼吸法の一部が禁忌であるため事前に申し出て下さい。

    *最初に医師の診察があります。

     横隔膜および骨盤の筋肉の状態を事前に診察しますが下着を脱ぐ必要はありません。

     厚手の服装の場合は診察が難しい場合があります。

  • こうちウィメンズクリニック

    富山県魚津市吉島1−809
    TEL 0765-32-3323

  • 受付時間
    9:00〜12:30
    15:00〜18:30

    ※休診日 木曜午後、土曜午後、日・祝日